Facebook毎日更新89日目

Facebook集客

フェイスブック毎日投稿をした実践記を下記記事にまとめています!

>>FB集客のまとめ記事を読んで学んで見る<<

昨日、用事で大岡山駅に降り立ちました。
岡山ではなく、大岡山。
都内にある駅で、人生で初めて降りたんですが駅前にある桜が非常に綺麗でした。
寒い冬を乗り越え、温かい季節になりはじめる咲く桜は、非常にすばらしいと感じます。
リラックスできますよね~。
人生の辛いときと、嬉しいときってそれぞれ「冬」と「春」のようだなと形容できると思います。
思えば、2016年の今ぐらいの時期はけっこうしんどさを感じていました。
当時あまりにお金が無く(しかも借金も30万円以上かかえていて)、せっかくの休みを日雇いバイトにつぶしてました。
アパレル倉庫の仕事をするために、日曜日の8時の電車に乗りましたね。
休みなのに、7時代に起きるのがイヤだったな…。
「あぁ…なんで本来は休みなのに働かなきゃいけないんだよ」
心の中で愚痴りながら、電車で向かっていましたね。
稼ぐ能力、集客する能力が無いことが恨めしいと心底感じてました。
会社に頼るのではなく、自分の力でお金を稼ぎたい!と、思う人は僕と同じようにスキルの無さに悔しさを覚えた経験をお持ちなのではないでしょうか?
そんな思い出すのいやーな日々をブログを使った副業(アフィリエイト)を頑張っていたものの、自分が取ろうとしている選択肢は本当に正しいのかどうかわからなかったです。
2016年は僕にとって「冬の時代」だったわけですが、翌年には「春の時代」が到来します。
なぜなら、アクセス数の爆発が発生し、ブログの副業(アフィリエイト)もうまくいきだしたからです。
僕は上記で書いたとおり、仕事で疲れた中、それでもやり続け、1万アクセス、5万アクセス、はたまた10万 アクセスを達成!!
アクセス数からもわかるとおり、ブログ集客は圧倒的な実力が身につきました。
努力がようやくむくわれたな~と結果が出た時は 思ったものです。
さて今では僕が結果を出すまでた学んだ内容をオンラインセミナーという形で皆様にお伝えしています。
本業がある中、1人モクモクとブログを書くのってかなり大変であることは僕自身一番わかっています。
僕がもっている知識やノウハウを皆様に還元できればと思って、セミナーをはじめてみました。
受けていただいた方々の声をのせます。
~~~~~~~~~~
アフィリエイトの根本について気付、方向性と考え方を学びました。
田中健一様
~~~~~~~~~~
実業しかやっていないと、ネットビジネスの費用感が嘘みたいにしか聞こえなかったのですが、構造を知る事で理解できました。
M.K様(男性)
~~~~~~~~~~
いかにヤマケンが頑張ってきたかがわかった。
カテゴリーの整理について説明してもらったが、わかりやすく、これなら自分でも出来そうだとおもえた。
M.H様(女性)
~~~~~~~~~~
ボクの行動が少しでも、役立ったのであればうれしい限りです!!
自分なんかには、多分難しいん だろうな…とか思わないでほしいです。
やる前からあきらめてる自分より、少しでも前に進もうという姿の方がずっと輝いてますよ!
アメリカの慣用句に「物事を始めるのに遅すぎる事は ない」というものがありますが、その通りだと思います。
アクセス数が増え、
問い合わせが増え
LINEや メルマガ登録者が増え…
そんな未来を望む人向けに、オンラインセミナーを開きますので、ぜひご参加ください。
<日程>
4月10日 19時半
4月13日 19時半
<やる内容>
文章を書くためには意識すべきポイントが3つあります。
その3つを意識して書く文章と、意識せずに書く文章とでは、読みやすさに大きな差が出てきます。
僕は3つのポイントを知ってから、文章力は爆上がりし、収益も出せるようになりました。
今回の勉強会では、その3つのポイントとは何か?をお伝えしていきたいと思います。
<申し込みフォーム>
コメント欄にURLがございますので、そこからお申し込みください。
===
SNS投稿100日チャレンジ中!
(1日1回は必ず投稿)
89日目
行動力/習慣化/発信力を高めれば生き方が変わる
そう信じて継続中!
===

稼ぐために頑張ってるが、その反面疲れていませんか? 自分を追い込んだ結果、燃え尽きていませんか? つらく不安ばかりが増える世界で生きていませんか? そんな方に今よりも「幸せ」や「充足感」を得ながらアフィリエイトを進めるにはどうさたらいいのかをお伝えしていたします。 5万円を呆気なく稼いだノウハウをメルマガ登録後にプレゼント! もし、ご興味がありましたらご登録お願いいたします。
Facebook集客
ヤマモトをフォローする
超価値のある人になろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました